印鑑の基本はやっぱり朱色

朱イメージ

印鑑を押すときに、なんで朱肉は朱色なんだろうと疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
青や、黒といったスタンプもあり、場合によっては使い分けが必要になってきますが、印鑑の基本はやっぱり朱色なんですよね。
朱肉とは言いますけど、黒肉とか青肉とはいいませんからね。

朱色が使われるのは、目立つからかもしれません。
あるいは昔の人は、自分の血で拇印を押したりもしたでしょうから、その名残なのかもしれませんね。
黒の文字がびっちりと書かれた書類の上に押して目立つ色といえば、赤系なんでしょう。

ですが、自分の文字を赤系の色で表現するのはどうなんだろうと、ちょっと疑問に思うこともあります。
自分の名前をペンなどで書く場合は、あまり赤系は使いませんよね。
自分を表現する色として赤系を使うという考え方は好まれないのかなと思うのですが、印鑑はOKなわけです。

逆に、印鑑の色が黒だと、しましょう。
これは逆に違和感があって嫌ですよね。
会社の住所や電話番号が入ったようなはんこやスタンプなら使用用途によっては気になりませんが、印鑑に黒を使われたら、赤ペンで自分の名前を書いているのと同じような気分になってしまいそうです。

普段慣れているものと、色との関係って言うのは興味深いものですね。
印鑑以外にも、このように色を変えたら違和感がでてくるものがあるかもしれません。
自分のまわりにあるもので、それらを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

印鑑証明書は原則として、本人が請求するべきものだそうです。
自分で、印鑑証明書をとったことがないのですが、ここのサイトによると印鑑証明書は市区町村の窓口で請求するだけで取得することができるようです。

ページの先頭へ