どうして丸が好まれるのか

丸い印鑑イメージ

丸い印鑑を押すときに、上手にまっすぐ押すことが出来なくて、ついつい曲がってしまうという人も多いことでしょう。
角印ならば、印鑑を押す書類に書いてある文字や線、紙の具合を参考にすることができますから、まっすぐに押すこともそれほど難しくは無いものです。

ですが、丸いとどこを基準にしていいかがわからずに、どちらかに傾いてしまったりすることがあるわけです。
丸い印鑑を綺麗に押せるように、印を押したとき上になる部分にしるしがついているようなものもあります。
そのしるしを紙の上部に来るように合わせて押せば、ずれることなく綺麗に押せるわけですが、印鑑にしるしがついていても、紙に印はついていませんから結局基準となる部分を決めづらいのです。

丸いものだと、四角い印鑑と違って少しぐらい傾いてもそれほど気にはなりません。
ですが、せっかくなら綺麗に押せた方がいいですから、綺麗いにまっすぐ押せるようなコツや目印があればそれに頼りたいと思っていしまいます。

公的な書類に印鑑を押す場合、その部分が四角で囲われているような場合がありますが、そのときに、書類側にも印の上部にあるしるしと共通するような目印をつけるようにしてくれると有難いのですけどね。
そうすれば、印鑑側についている目印とあわせてつかえますから押すときに失敗するようなこともほとんどなくなると思うのです。

かたむいて押しやすい、丸い印鑑を使う機会が多いというのはわざと傾いて欲しいのかなとも疑ってしまいます。
どうして丸が好まれるのかもちょっと気になってしまいますね。

ページの先頭へ